NextechWeekEXPOへ参加して来ました!

先日幕張メッセにて開催されていた、NextechWeekEXPOへ参加しました!

AIは出展数が多く、ChatGPTを筆頭に話題性と注目を感じました。
量子力学はこれから大きく成長していきそうで、将来性と期待感を感じました。

AIに関しては、チャットbot、画像認識(自動商品検査など)が有力で数多く出展しておりました。

特に画像を元にカテゴライズするシステムなど、弊社で応用の効きそうなものがいくつかあり
是非とも活用していきたい技術だと考え、前向きな検討をしております。

Sonyさんは機械学習を用いてスポーツ走行のAIに加え、リアルなレース環境におけるマナー(追突回避や追い越しなど)の機械学習を成功させたという報告をされていました。

ディープラーニングによってAIができることの範囲の広がり、マナーのような概念まで再現出来るということに
非常に驚きました。

また、量子力学についても注目しました。

そもそも量子コンピュータとは、
量子力学を使用したコンピュータで方式が2つあり、
それぞれ向いている処理が違うのです。

・量子ゲート方式
→材料、複合化合物、創薬の評価

・量子アニーリング方式
→物流、製造、金融の最適化

同じ「量子コンピュータ」でも得意分野が違い、奥が深いですね。

現在、量子コンピュータ活用事例は
・無人輸送車の効率化
・加工スケジュール最適化
・ドローン輸送の効率化
・災害科学の避難経路探索
などがあり、リソース不足という大きな課題を解決する足がかりとなりそうですね。

一方で量子コンピュータは生産数の課題があり、順番待ちが発生しやすいという課題があるそうです。
課題解決がされる数年後には現在のAI技術のように有力で注目の技術となりそうだと感じました。

展示会への参加は、最先端技術に触れ、学ぶことが出来るので刺激的な体験でした!

でSNS運用

詳細はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次